手術後の傷あとケアテープLサイズ 衛生雑貨 Atofine アトファイン ATFL L10~15cmの傷跡に6枚入り ゆうパケット発送 入荷予定 1578円 手術後の傷あとケアテープLサイズ 【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り ATFL ゆうパケット発送 医薬品・コンタクト・介護 衛生日用品・衛生医療品 サージカルテープ その他 /beslipper4404254.html,医薬品・コンタクト・介護 , 衛生日用品・衛生医療品 , サージカルテープ , その他,ATFL,【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り,手術後の傷あとケアテープLサイズ,www.atommediagroup.com,ゆうパケット発送,1578円 /beslipper4404254.html,医薬品・コンタクト・介護 , 衛生日用品・衛生医療品 , サージカルテープ , その他,ATFL,【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り,手術後の傷あとケアテープLサイズ,www.atommediagroup.com,ゆうパケット発送,1578円 手術後の傷あとケアテープLサイズ 衛生雑貨 Atofine アトファイン ATFL L10~15cmの傷跡に6枚入り ゆうパケット発送 入荷予定 1578円 手術後の傷あとケアテープLサイズ 【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り ATFL ゆうパケット発送 医薬品・コンタクト・介護 衛生日用品・衛生医療品 サージカルテープ その他

手術後の傷あとケアテープLサイズ 衛生雑貨 Atofine アトファイン ATFL L10~15cmの傷跡に6枚入り ゆうパケット発送 迅速な対応で商品をお届け致します 入荷予定

手術後の傷あとケアテープLサイズ 【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り ATFL ゆうパケット発送

1578円

手術後の傷あとケアテープLサイズ 【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り ATFL ゆうパケット発送





※リニューアルに伴いパッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

商品の特徴
手術後の傷あとは、周りの皮膚がひっぱられたり、こすれたり、
紫外線が当たると赤く盛り上がるなどの外部刺激から傷あとを保護するテープ。

サイズ・量
Lサイズ:5cm×16.4cm 6枚入

使用方法
(1)中央のはくり紙をはがします。
(2)両側のはくり紙を持ち、テープ中央に傷あとを合わせて、テープを伸ばさずに貼ります。
(3)はくり紙を片側ずつゆっくりはがしながら、テープを伸ばさずに貼ります。
※座った状態で貼ると皮膚かぶれやテープはがれの原因となりますので、立った状態で貼ってください。

テープ交換の目安
●5~7日に1回を目安に交換してください。
●テープを貼ったまま入浴出来ます。
●ただし、はがれてきたら貼りかえて下さい。

ポイント
(1)1枚で簡単ケア
(2)肌にやさし長く続けられるく
(3)ウエーブ形状ではがれにくい

使用上の注意
(1)「傷あと」とは傷口が完全にふさがっている状態のことを指します。
(2)開いている傷口や抜糸前の縫合創には直接使用しないでください。
(3)皮膚を清潔にし、乾いた状態で貼ってください。
(4)テープを貼る部分の毛は、短く切っておいてください。
(5)毛を切る際は、傷あとを傷つけないようご注意ください。
(6)皮膚かぶれやはがれの原因となりますので、テープを引っ張らずにお貼りください。
(7)本品の使用により発疹・発赤、かゆみ等が生じた場合は使用を中止し、 医師又は薬剤師に相談してください。
(8)はがす時は、皮膚や傷あとを傷めないように、テープの端から傷あとに向かってゆっくりとはがしてください。
(9)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい、小児の手の届かない所に保管してください。
再使用しないでください。

製造販売元
ニチバン株式会社

広告文責中島薬局
06-6468-3277
区分【衛生雑貨】

手術後の傷あとケアテープLサイズ 【衛生雑貨】Atofine(アトファイン)L10~15cmの傷跡に6枚入り ATFL ゆうパケット発送

News

2021.11.10 IR

第12期 第3四半期四半期報告書 (304KB)

2021.11.10 IR

2021年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (240KB)

2021.11.10 IR

自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ (会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP